【20-21B1第7節G2】滋賀レイクスターズが4シーズンぶりにアルバルク東京に勝利!【ワイ氏の反応】

Bリーグ
スポンサーリンク

○ハイライト

YouTube B.LEAGUE

○スタッツ

リンク先:Bリーグ公式

Bリーグ 2020-21 B1リーグ戦 2020/11/08 A東京 VS 滋賀
Bリーグ 2020-21 B1リーグ戦 2020/11/08 A東京 VS 滋賀

○ワイ氏の反応

・4強って宇都宮、千葉、琉球、滋賀のことだったってマージー?

滋賀サイッキョ!!

・滋賀のルーズボールへの気迫ヤバすぎ

滋賀の気迫が、負けたら終了のプレイオフモードだった。

・ジョーダン・ハミルトン化け物やんけ

ハミルトンやべえ・・・。

24得点7リバウンド8アシストというスタッツ以上のパワーを感じる。

クラッチタイムでハミルトン一人でA東京を粉砕してたで・・・。

今後、各チームがスカウティングを重ねるのは間違いない要対策プレイヤーだ。

この強力なカードをKO☆KU☆SHIせずに勝負どころまで温存するデニスHCの采配も冷静だった。

NOTE
前節のインタビューでハミルトンは「A東京に勝って驚かせる」と語っていたらしい。かっこよすぎかよ。

・キャリアハイを記録する”キャプテン”狩俣

狩俣がキャリアハイの得点を記録。このビッグゲームで力を発揮するのが”キャプテン”。

スタッツ
17得点(FG5/9、3FG4/6、FT3/3)

特に、試合を決めたダガースリーは見事だった。

・滋賀は難しいディフェンスをさらりとやっている

ツイッターで知ったんだが、滋賀のディフェンスローテーションすごいわ。

狩俣が、迷い無く指示を出しているところにも注目。

・A東京は決して悪い出来ではなかった

この試合に関して一つ言いたいことは、A東京の出来は悪くなかったという点だ。

TO7とミスが少なく、シュート確率は悪かったがシュートタッチが絶望的に悪かったわけでもない。笛の軽さでキープレイヤーがファウルトラブルになったわけでもない。

普通に殴り負けたのだ。

滋賀はシュートタッチがちょっと良かった(3FG11/25)という注釈は必要だが。(TOは4と超絶少ない)

・デション・トーマスがデビュー

A東京の秘密兵器デション・トーマスさんがついにデビューした。

スタッツ
17分出場、11得点(FG2/8、3FG2/4、FT5/8)、5アシスト

基本的にシューターなのかな。

コンディションも仕上がってないだろうし、シュートタッチや連携はこれからだろうね。

タイトルとURLをコピーしました