連日の斉藤無双で滋賀レイクスターズが、好調の河村擁する三遠ネオフェニックスに連勝!

Bリーグ
スポンサーリンク

○B1第22節ゲーム2 滋賀レイクスターズ対三遠ネオフェニックス ハイライト

【ハイライト】滋賀レイクスターズvs三遠ネオフェニックス|B.LEAGUE第22節Game2|02.09.2020 プロバスケ (Bリーグ)
引用元:YouTube B.LEAGUE

○試合結果 スタッツ

ここ見て

リンク先:Bリーグ公式
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=4475

○河村勇輝VS斉藤拓実が熱すぎて草

・シュートが好調の河村

シュートタッチが絶好調の今日の河村。(なおフリースロー)

河村スタッツ
19分出場 19得点(FG7/10、3FG3/5、FT2/4)、1リバウンド、1アシスト、3ターンオーバー

河村の最大の長所はトランジションオフェンスを強引に作っていけるスピードだと思っていたが、フィニッシャーとしての能力もめちゃくちゃ高い。

アウトサイドだけじゃない、インサイドでの合わせの動きや相手をかわすレイアップ、ファウルを誘う動きが上手い。

今以上にシュートファーストのプレイスタイルを前面に押し出すべきだ。河村が、富樫のプレイを参考にしていたのは正しかった。特性に非常にマッチしてる。

・1ON1のオンボールディフェンスは光るものを見せる河村

フィジカルの問題もあって、ツーメンゲーム(ピック&ロールとか)やオフボールのディフェンスはまだまだ課題が多いが、オンボールの1ON1は光るものを見せている。斉藤がやりづらそうにしていた。

・パスが通らないことやターンオーバーの多さは気にしなくて良い

河村のパスが通らないことは、Bリーガーの体格やチームメイトとの連携に慣れれば、すぐにアジャストできる。

気にせず、強気なパスを出し続けて欲しい。

・斉藤のペイントを荒らす能力が高すぎて草

斉藤スタッツ
27分出場 21得点(FG8/16、3FG2/4、FT3/3)、3リバウンド、3アシスト、1ターンオーバー

二試合合計で51得点してて草

三遠のディフェンスがアレな部分があったが、斉藤のドライブが猛威を振るった今節。

簡単にペイントに進入してて草

フィニッシュも本当に上手え・・・。

左手でフローター気味のフックが打てるのかよ。そんなん出来るなら先に言っといてや・・・。

○河村のプレイタイムが減っているのは、PG鈴木の復帰が理由

デビュー当初は20分以上あった河村のプレイタイムが、今節は減っているが河村ガールズは心配するな。

河村ガールズ「監督やチームメイトに嫌われているのでは・・・?」

そんなことはない。PGの鈴木が怪我から復帰しただけだ

NOTE
三遠のPGは鈴木と寺園がいて、二人共優秀なので、簡単に河村にプレイタイムを与えられるわけではないのだ。河村の加入が発表されたときも「三遠の弱点はPGじゃないからチームの強化にはならない」と言われていた(5ちゃんねるで)。

○頼もしすぎるぜシェーファー

シェーファーいいね。

23分の出場で、8得点、11リバウンド

頼れるビッグマンに成長してきた。

ただ、パスキャッチは練習しとこうか。八村や渡辺のNBA基準のパスの強さはBリーグの比じゃないぞ・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました