ORtg(オフェンシブレーティング)、DRtg(ディフェンシブレーティング)とは?

バスケ講座
スポンサーリンク

難しい式とかはわからなくて良い。赤文字のところだけわかればOK\(^o^)/

○ORtg(オフェンシブレーティング)とは

あるチームが100回オフェンスしたときの平均得点

例)ORtgが111.2なら、そのチームは100回オフェンスすれば111点取れる

高ければ高いほど、オフェンスが良い

○DRtg(ディフェンシブレーティング)とは

あるチームが100回ディフェンスしたときの平均失点

例)DRtgが102.1なら、そのチームは100回ディフェンスすれば102点失点する

低ければ低いほどディフェンスが良い

○【おまけ】NRtgとは

ORtgからDRtgを引いたものだよー。

高ければ高いほどチームが強い

よし!これだけわかればOKだ!解散!

「もっと詳しく知りたい!」って人は↓(外部サイトBasketball Reference)を見てみて。
https://www.basketball-reference.com/about/glossary.html

コメント

  1. I like the valuable info you supply in your articles. I will bookmark your weblog and test again here regularly.
    I am quite certain I’ll be informed lots of new stuff proper right here!

    Best of luck for the next!

タイトルとURLをコピーしました