【第6節まで】BNTプレゼンツBリーグMVPレース~日本人選手編~

Bリーグ
スポンサーリンク

○MVPレースとは?

現時点で、誰がMVPにふさわしいかをランキング形式で発表するよ。

これは「予想」ではなく、現時点での「ワイ氏が選ぶMVP」であることに注意。

予想は、シーズンが終わった後に”本気”でやる。

○評価基準

次の通りだ。

NOTE
基本的にNBAのMVPを選ぶ評価基準に近い。

・チーム成績

チーム成績は重要。流川も言ってる。

日本一の選手ってどんな選手だと思う…

きっとチームを日本一に導く選手だと思うんだよな

SLAM DUNK 24巻

対戦相手が強ければ評価UP。

・スタッツ

スタッツも重要。

ただし、スタッツに出ないディフェンスやルーズボール、スクリーン等も評価してくよ。

・インパクト

昨シーズンを成績を残したり、下馬評を覆しての勝利があるとポイントアップ。

また、怪我人が出ているとか、外国籍選手が足りないとかの不利な状況で活躍してチームを勝利に導くと高評価。

○MVPレース~日本人選手編~

10位~6位

10位 アキ・チェンバース(横浜) 高水準なスタッツを誇る横浜のエース。優秀なディフェンダーでもあり、ディフェンシブレーティングがリーグ8位の横浜のディフェンスを支えている。

9位 富樫(千葉) さすがの活躍を見せているが、昨シーズンよりも得点とアシストが減っているのでこの順位になった。

8位 西山(信州) B2からやってきた爆発的得点力を持つPG。宇都宮戦の24得点9アシスト、名古屋D戦の26得点7アシストと強豪相手に大きなインパクトを残している。

7位 辻(川崎) 辻がいなかったら川崎はめちゃくちゃキツイ。3FG%29.4%でリーグ17位と低迷している川崎を辻(40.7%)が支えている。強力なビッグマンを揃える川崎にとって、インサイドにスペースを生み出す辻のスリーは生命線だ。

6位 斉藤(名古屋D) チームが変わっても斉藤は斉藤だった。スコアリング能力に目が行きがちだが、アシスト5.2と斉藤のパスから生まれた得点は非常に多い。リーグ2位の1.9スティールも見事。

5位 サトルマエタ(富山)

チーム成績:8勝2敗
スタッツ:14.1得点(3FG%46.3%、FG%48.5%、FT%64.7%)、3.6リバウンド

eFGが脅威の61.3%。

オフェンスの凄まじさは言うまでもないが、ディフェンス面での貢献も見逃せない。上位にランクインするチームメイトがいなかったら、この男はもっと上位でもよかった。

4位 古川(秋田)

チーム成績:6勝4敗
スタッツ:12.2得点(3FG%46.2%、FG%41.5%、FT%78.6%)

今シーズン、安定した成績を残している古川。特にスターターになってからは、毎試合二桁得点を記録している。

外国籍選手の得点能力が落ちた秋田にとって、古川はエースと呼ぶにふさわしい非常に重要な選手になっている。古川がいなかったら6勝4敗の好成績は残せていない。

3位 田中(A東京)

チーム成績:7勝3敗
スタッツ:12.0得点(3FG%32.1%、FG%48.3%、FT%72.2%)、4.9アシスト、1.1スティール

昨シーズンのMVPが3位にランクイン。

外国籍選手が揃わない中でも4強と互角に渡り合えるA東京の強さの源は、間違いなく田中にあるだろう。

スタッツは言うまでも無いが、数字に表れないバスケIQも優れている。クラッチタイムではボールをコントロールし、的確な選択をしてくる。A東京のゲームクロージングの上手さは田中の上手さであるとワイ氏は考えている。

2位 金丸(三河)

チーム成績:7勝3敗
スタッツ:16.3得点3FG%52.2%、FG%48.3%、FT%78.9%)、1.7リバウンド

日本人選手トップの16.3得点。

あれほどスカウティングされて各チーム最高のディフェンダーたちがマークしているにもかかわらず、1試合平均7本のアテンプトでスリーポイント52.2%は人間であることに疑いを持たざるを得ない。

帳尻合わせの人間アピールなのか、スリースローは78.9%と絶不調だ

1位 宇都(富山)

チーム成績:8勝2敗
スタッツ:14.3得点(3FG%42.9%、FG%58.8%、FT%81.6%)、3.6リバウンド、6.0アシスト

絶好調の富山から宇都がMVPレースの1位だ。

帰化選手除く日本人2位の得点、1位のFG%、2位のアシスト数と素晴らしい数字を残している。

スタッツに関しては文句なしだ。
4強のチームにワラワラいる日本代表候補のガード達をボコってチームを勝利に導けるか。

そして、日本代表に返り咲けるか。本当の戦いはここからだ。

タイトルとURLをコピーしました