【22-23第6節G1】新潟アルビレックスVS群馬クレインサンダーズ【ワイ氏の反応】

Bリーグ
スポンサーリンク

◯ボックススコア

リンク先:Bリーグ公式

Bリーグ 2022-23 B1リーグ戦 2022/11/19 新潟 VS 群馬 | B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト
B.LEAGUEの「試合情報詳細」をご紹介。男子プロバスケットボールリーグ、B.LEAGUE(Bリーグ)。

◯ついにコーバーンさんがベールを脱ぐ

新潟が新たに契約したコフィ・コーバーンさんだが、ワイ氏はめちゃくちゃ楽しみにしていた。

というのもこの選手は、NCAA勢が「え!?日本に来るの!?」とざわつくほどのスター選手らしいのだ。

NBAでドラフトされなかった理由は2つらしい(多分)。
①NBAでは珍しいクラシックなセンターであること
②ちょっとまままままな問題行動?があったっぽい

②は知らんが、①は面白い。

クラシックなセンターとは、アウトサイドでプレイせずに巨躯を活かしてインサイドを主戦場とする選手という意味だ。

NBAでの需要はわからんが、Bリーグ的には大好物の選手ではないだろうか?
Bリーグの外国籍選手には、やべえときに点を取ってくれるエースムーブが求められるからだ。

この試合ではどうだったかと言うと、

17分出場 7得点(FG3/4)、3リバウンド、3アシスト、4TO

まだ、アジャストしなきゃならないことは山ほどあるが、危険な香りがする選手だという感想だ。
セブンフッターの割に素早い的な評価を見たことがあるが、それはサイズ相応かなと思った。

基本的にローポストでの1ON1の形を作れば止められない選手いう認識でいいだろう。ダンクすごい。天昇との相性良さそう。

課題は2つ、

・ローポストにボールが入らない。
まあ、チーム練習してないだろうし、システム構築できればイケるやろ。

・Bリーグの笛に慣れる。
この試合では3秒とトラベリングを取られていた。3秒はアレだが、まあ慣れて。

NCAAからの新卒でBリーグデビューした選手と言えば、ニックメイヨさんが思い浮かぶが、メイヨさんでもルーキーシーズンは苦労した(主にオンザコートルールのせいで)。

コーバーンさんも温かく見守りたい。

◯阿蓮すごすぎて草

阿蓮が攻守で大活躍

23分出場 18得点(FG6/7、3FG2/3)、1ブロック

スリーは本当に上手くなっててエーライ!SFとしてBリーグに適応していってる。

そして、阿蓮にプレイタイムを与えて育てる群馬もエーライ!他のチームも見習え!

◯マイケル・パーカーさん(41)500スティール達成!ワイ氏「!?」500アシストも達成!!ワイ氏「!?」

この前ツイッターで、「通算スタッツなんか見るのはその選手の母ちゃんくらいやろ」って言ったけど、パーカーの通算スタッツを速攻で見に行ったわ。

そして、嬉しくなった。

ワイ氏は母ちゃん勢だった可能性ある。

◯まとめ

文男も1000得点、500アシスト達成。

タイトルとURLをコピーしました