新潟が滋賀との接戦を制する!B1(2019-20)第13節ゲーム1

Bリーグ
スポンサーリンク

○ゲームハイライト

準備中

○試合結果

B1(2019-20)第13節ゲーム1

スタッツ詳細 https://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/basketball/stats/b1/score/4350/box/a/

滋賀レイクスターズ 74-78 新潟アルビレックスBB

1Q 25ー16
2Q 15ー17
3Q 17ー25
4Q 17ー20

【活躍した人のスタッツ】

○滋賀

・エアーズ
17PTS、17REB

○新潟

・パーキンズ
18PTS、13REB

・ハミルトン
21PTS、7REB

○ぼくのはんのう

・新潟はフリースロー頑張れwww

フリースロー確率8/18は草

勝ったから良いが、ファウルゲーム始まるまで4/14だったぞww

・鵜沢のシュートフォームが好きすぎるww

2Qにビハインドの場面で2連続の鵜沢砲を沈めるなど、勝利に貢献した鵜沢。

筆者は鵜沢のシュートフォームが大好き。

ジャンプをほとんどしないセットシュートは元NBAのジノビリを思い出すわ。

ジャンプシュートを打つときには、普通は膝を曲げると同時にボールを下げる「ディップ」という動きが必要なんだけど、セットシュートにはそれがないからシュートが読みづらい

ゆえに、鵜沢のシュートはリリースまでに時間がかかっているように見えるが、ディフェンダーからすると相当クイックに感じるはずだ。

・柏木のドライブが渋すぎて草

本当にこのプレヤーはワザが光る。

スピードを殺してパスを警戒させながらゴール下に侵入するドライブは、みんな真似しよう(提案)

・名手狩野がまさかの不調

狩野の今シーズンの3FG%は42%(11位)と非常に高いのだが、今日は狩野のスリーがまさかの0/9と滋賀にとって誤算だった。

滋賀は3Pシュートアテンプトが28本(リーグ1位)とスリーへの依存度が高い。このスタイルは、上位チームにもワンチャンもぎ取ることができるが、シュートタッチが悪ければ、下位のチームになすすべなく負けるリスクも有る諸刃の剣だ。

滋賀はこのスタイルを貫くことができるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました