【プレシーズンゲーム】新戦力お披露目の大阪VS京都!!【ワイ氏の反応】

Bリーグ
スポンサーリンク

○試合結果

大阪エヴェッサ-京都ハンナリーズ

1st 13-13
2nd 22-17
3rd 15-12
4th 13-15

(合計 63-57

NOTE
試合は8分×4回だった。(Q毎に得点をリセット)

○見逃し動画(無料)

バスケットLIVE公式(公開から1週間で消えちゃうよ)

バスケットライブ
「バスケットLIVE」は、Yahoo!プレミアム会員向けに提供する国内バスケットボールのライブを中心にお楽しみいただけるサービスです。「B.LEAGUE」の全試合や「AKATSUKI FIVE」男子日本代表、その他アマチュアバスケなどを配信していきます。

○ワイ氏の反応

・とりあえず京都は菅澤さんに正契約してもらおうか

菅澤すごない?

昨日、短期契約が発表された選手なのにオフェンスもディフェンスもチームに馴染んでて草生えるんだけど。

チームに必要な人材だわ、これは。声出しとか積極的にしてくれるタイプらしいし、永吉のバックアップとして菅澤さんに正契約してもらおう。

・・・あ、ロスターが13人パンパンなんですか・・・そうですか・・・。

・え・・・京都強くね?

外国籍選手がいないのは置いといて、KJ、永吉抜きで、トータルスコア63-57は京都強い説がある。

リバウンドで負けてない

スタッツ的にはどうかわからんが、試合を見た感じ最大の懸念点のリバウンドがこの試合では負けていなかった。

今日のラインナップでは身長差が10cmくらいあったにもかかわらず、チーム全体でボックスアウトを確実に行いリバウンドを確保していた。

あと、寺嶋のオフェンスリバウンドの嗅覚はおかしいだろ。落ちるところがわかるのか・・・?

ディフェンスがいい

機動力を活かしたディフェンスでTOを誘っていた。
また、サイズが小さいインサイドにボールを入れさせないようなディナイが機能していた。

そして、4Qに見せた2-3ゾーンが見事にハマっていた

大阪はゾーンからはほとんど得点できずにTOを連発していた。(ソーンアタックができなかった大阪側の問題かもしれない)

オフェンスはイマイチだけど、気にする問題ではない

オフェンスは連携不足だけど、京都のオフェンスのメインは、サイモン先輩、ライス、ハーパー、KJだから全く気にする必要は無い。

・ハシタク半端ないって!

ハシタク半端ないってもぉー!
アイツ半端ないって!
ワイドオープンのスリーめっちゃ決めるもん・・・
そんなんできひんやん普通、そんなんできる?言っといてや、できるんやったら・・・

・大阪のロマン砲から危険な香りがする

大阪のロマン勢の角野、ドンリー、駒水の三人だけど、

こいつらのスリーは相当ヤバイ香りがする。

角野が上手いのはわかっていたけど、ドンリーも良いシューターだ。

駒水は、今日はリングに嫌われていたけど、打つタイミングから判断するに自信がありそうな印象を受けた。

こいつらのサイズと運動能力だけでもやっかいなのにスリーまであるとか、大阪は可能性の獣かよ。

・寺嶋の勝ちへのこだわり

今日の試合で印象的だったのは、4Q最後に寺嶋がしきりにスコアボードを確認していたことだ。

おそらく、点差と時間を見てポゼッションの計算をしていたのだろう。

練習試合なので勝つことにそれほどの意味は無いのだが、己自身のためなのか京都ブースターのためなのかはわからないが、勝利へのこだわりが見られてなんか嬉しかった。

コメント

  1. Shelley より:

    nice Vacheron Constantin watch- thanks

  2. frolep rotrem より:

    WONDERFUL Post.thanks for share..extra wait .. …

タイトルとURLをコピーしました