【21/6/27】ワイ氏的日本代表の採点!! 強化試合VSイラン第3戦

日本代表
スポンサーリンク

○ワイ氏的採点とは?

日本代表の選手を採点していくよ。

0〜10点で点数を付けるよ。

○採点

・ロシター 7.0点

シュートが入らなかったのはしゃーないが、オフェンスでの積極性が欠けていた。また、ギャビンが出ているときに比べてディフェンスリバウンドが取れなかったのが気になった。これは、ロシターの問題というよりはチームの問題かも。

・誓哉 8.0点

ロシターとのピック・アンド・ロールから鋭いドライブでスコアした。ドライブからのペイントタッチは、ラマスHCのバスケには必須なので大きなアピールになったのではないか。オープンのスリーは決めたかった。

・富樫 8.0点

不自然なまでに打てるシュートを打たない富樫。ラマスHCからゲームメイクの「ミッション」を与えられた可能性がある。相手ディフェンスを切り裂き、日本に3Pの雨を降らせた。しかしゲームメイクに関して不満もある。スイッチされた時はアイソレーションで相手ビッグマンを1回はカモらないとダメだよ・・・それをやったからこそ、アジアカップ予選中国2戦目は富樫のピック・アンド・ロールを止められなくなったやんけ。記憶を取り戻せ。ディフェンスは今日は○。

・辻 7.0点

やはりシューターは、シュートを打たないと決めないとアピールが難しい・・・。生き残れるか。

・ベンドラメ 7.0点

ここまでの代表戦で、持ち前のアグレッシブさを活かしてベンチスタートから素晴らしい活躍を見せていたベンドラメだが、この試合では停滞する時間帯を作ってしまいプレイタイムが伸びなかった。今日の試合の出来だけでカットされることは無いだろう。次回に期待。

・公輔 8.5点

影のMVP。ディフェンス、リバウンドと地味な仕事を続け、日本を支え続けた。しかしそれすらも派手に見えるほどに地味で素晴らしい仕事をしていた。スクリーンアシストだ。後半のイランに追いあげられた時間帯に日本のスリーが刺さった時は必ず公輔がシールして、相手ディフェンダーがシュートコンテストに行けないように抑えつけていた。

・周人 8.0

マージでディフェンスがいい。シュートだけじゃない。こいつが田中とチームメイトになるのあかんやろ・・・。そして確率が高くないときでも、積極的にスリーを撃ちまくるからイランディフェンスが寄ってきてスペースを生み出している。それそれぇ!

・カナマール 8.0点

この男がスリー3/7だと調子が悪く見える現象なんなの?
必殺のスリーでイランにトドメを刺した。

・譲次 7.5点

スタートからのタフなディフェンスでイランの出鼻を挫いた。ストレッチ4としてスリーを決め、その後日本のスペーシングに貢献した。リバウンドがややソフトだったように感じた。

・ギャビン 9.5点

ラマスHCのバスケにアジャストしてきたギャビン。リバウンダー、スクリーナーとしての性能が高すぎる。ピック・アンド・ポップからのスリーは、もはや外れるのを祈るしか無い。

・ヒュー プレイタイムが短いため判定不能

ラマスHCマージで!?面白い選手なのにどうして・・・。カット候補なのかな・・・。

・張本 9.5点

この試合のMVP。ハードなDFで相手のポゼッションを潰し、オフェンス面でもチームに勢いをもたらすバスカン、厳しい時間帯のスリーと大活躍。この選手を代表に入れたい・・・馬場、ワタナビ、八村というライバルがいなければ・・・。

・ラマスHC 9.0点

イランのシュートタッチが悪かったという点は大きいが、イランを50点に抑えるディフェンス構築は素晴らしい。これは、前田ACのノーザンハピネッツシステムかもしれんが。あと、トランジションからスリーを積極的に打つゲームプランも素晴らしい。それがないと世界相手に絶対に戦えないからね。
今日のメンバーは歴代の日本代表の中でも平均的な戦力だと思うが、その中でイランをボコる戦果を挙げたことは称賛されるべきだ。

タイトルとURLをコピーしました