河村勇輝の三遠ネオフェニックス入団記者会見でわかったことまとめと邪推【ぼくのじゃすい】

Bリーグ
スポンサーリンク

○会見動画

【高校日本一のスーパーガードがBリーグへ】河村 勇輝選手入団会見|三遠ネオフェニックス
引用元:YOUTUBE B.LEAGUE

○三遠へ入団した理由は、井手口監督の勧め

三遠へ入団した理由は、井手口監督の勧め以外の理由はさそうだ。

プレイタイムを貰えそうなチーム云々は、ライター達の想像だったかもしれない。三遠はPGの層が薄いチームではないしね。

また、今になって下の記事を読んでみると、井手口監督の「プロならどのチームでも良いわけではない」って言っていたのは、プロチームでもパワハラが横行していることを把握していたのかもしれないね。

○河村の契約は特別指定選手の中でもアマチュア契約

河村の契約がアマチュア契約だと明言された。

多くの人が「えぇ・・・三遠は報酬を払ってやれよ・・・。」と思ったことだろう。

三遠は、ルーキーに支払えるMAXを支払いたかったが、河村サイドが拒否したと推測する。

三遠は何が何でも河村にチームを気に入ってもらって、本契約を結びたいと考えているはずだ。100万円という小銭で、河村の心象が少しでも良くなれば安いものだ。

NOTE
ルーキー契約のMAXは年俸460万円だ。河村がチームに所属するのは1.5ヶ月程度(シーズンの1/5)と見られているため、もし支払うとすれば100万円程度だと考えられる。

なぜ、河村はプロ契約を断ったのか?考えられる理由は1つだ。

特別指定選手ではない本契約のオファーを断りやすくするために、「借り」を作りたくなかったのだ。泣くな三遠ブースター。

もっとも、建前は「高校生だから・・・」とか「勉強させてもらう立場だから」と言って断っているだろうが。

そもそも今回の契約は、三遠サイドと河村サイドでは温度差がかなり大きい。
【三遠サイド】日本バスケ界の大物が、リーグ最下位と低迷するチームに入団してくれる千載一遇のチャンスを絶対にモノにしたい。
【河村サイド】「学校の体育館が工事中で練習できないから、隣の学校の練習に参加させてもらおうかな」くらいの気持ち。

河村にとって三遠は、数多くある選択肢の一つに過ぎないと思われる。

○北郷謙二郎代表 の話が長え・・・

記者会見前ぼく「河村君の記者会見楽しみだな。ワクワク」

記者会見中ぼく「あれ?北郷代表の記者会見だったかな?(すっとぼけ)」

待ってる間の河村君が微動だにしないのがすげえ。体幹の強さが伺える(適当)。

○河村君がしっかりしすぎてて草

高校生とは思えないしっかりとした態度と発言。すでにプロとしてふさわしい振る舞いが身についている。これは次世代のバスケ界の象徴ですわ・・・。

コメントがしっかりしすぎだろ・・・。

「自信がなかったら挑戦していないです。」

ざわざわ・・・

「でもそれはプレーが通用する自信ではなく、どんな壁も突き破っていける自信です」

はい名言! そして誰の気持ちも害することなく自分の心の強さを伝えつつ、我々ライターにネタを提供してくれる120点のコメント!スマートすぎて草。

河村は読書家として知られており、勉強熱心な性格なのだろうということがこの会見から窺える。

○ルックスも洗練されてきた河村氏

髪が少し伸びて、ツーブロックにしてオシャレになった河村氏。

三遠ガールズが、アップを始めました。

業界を背負って立つスターたるもの、ルックスにも気を使わないとね。レブロンだってデビュー当時からコーディネーター雇って服装を決めてるしね。

NOTE
YouTubeのコメントで見たんだけど、東海大学ってツーブロック禁止なの?そんなことないよね?マジだったら「うわぁ・・・」ってなるわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました