ペイントエリアってどこ? What’s Paint in Basketball?

バスケ講座
スポンサーリンク
世界中のホテル予約を、一気に比較【ホテルズコンバインド】

ペイントエリア

通称ペイント。赤いエリアがペイントエリアだよ (^o^)ノ

このエリアにオフェンスのプレイヤーが3秒以上いると反則を取られて相手ボールになるから、制限エリアとも呼ばれるよ。ちなみにNBAはディフェンスも条件付きで3秒取られるよ ( ´Д`) 。

NBAファンはおなじみだが、日本のバスケプレイヤーには意外とこの呼び方を知らない人が多い(浸透してない)。

なぜなら、日本の体育館のコートには色が塗ってないからだ (‘A`)

ペイントされていないものをペイントと呼ぶのは無理があるだろ( ゚д゚)ウム

その一方、TVの解説者、コーチ、プレイヤーは容赦なくこの単語を使ってくるから覚えておいたほうがいい。ペイントは戦術上の最重要エリアだからだ( `ω´)キリッ
平たく言えば、ゴールに近いところからシュート打ちたいよねってこと( ゚ω゚ )

派生のペイントタッチもバスケ観戦における頻出単語だ。

「ペイントエリア内にボールを入れる」という意味である。パスでもドリブルでもどちらでも良い。
ペイントタッチが少ないって解説のおっさんが言ってたら、「ゴール下まで攻めれてないんやな ( ゚ω゚ ) 」ってことね。

以上がペイントエリアの説明ね。

でもこの記事で一番伝えたいのは、

ペイントのことを「台形」って思わず言っちゃう人は、昭和生まれだってこと

 

本サイトで使用してるレンタルサーバーはこれ↓ページの読み込み速くて安定性も抜群。プランは一番安いX10ってやつで十分。業務用は知らん。ドメインも一緒にとると設定が楽。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました