【23-24第22節】千葉ジェッツVSレバンガ北海道【ワイ氏の反応】

Bリーグ

○ボックススコア

リンク先:Bリーグ公式

Bリーグ 2023-24 B1リーグ戦 2024/02/03 大阪 VS 千葉J | B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト
B.LEAGUEの「試合情報詳細」をご紹介。男子プロバスケットボールリーグ、B.LEAGUE(Bリーグ)。

○ウェルシュさんの離脱キッツ!

北海道のセブンフッター(213cm)であるウェルシュさんが抜けたことで、インサイドの戦いが厳しくなった北海道。

この試合では、オフェンスリバウンドをモグモグされて多くのセカンドチャンスを与えてしまった。

日本人も積極的にリバウンドに絡んでいきたい。ナナーは11分の出場時間で6リバウンドは頑張ってた。

○好調の関野砲

今日は、関野がスリーをよく決めた。

19分の出場で、13得点(FG5/6、3FG3/4)

オープンのチャンスを逃さなかった。

○島谷と寺園のドライブが千葉を切り裂く

島谷と寺園のPGコンビのドライブがキレてた。

ドライブでペイントに深く侵入した後のキックアウトパスで、北海道のスリーを演出した。

この試合で北海道は、彼らのチャンスメイクによりスリーを11/26(42.3%)の高確率で決めることができた。

○力を開放しつつあるクックスさん

ここ最近のクックスさんはキレッキレだ。21得点(FG10/13)、13リバウンド。

ボールを持った状態からの個人技(特にステップワーク)も素晴らしいし、オフボールからの合わせのダイブも絶妙だ。

理由はわからない。コンディションが良いのか、チーム(日本?)になじんできたのか・・・?

○千葉の1Qを見てディフェンスの向上を感じた

「ディフェンスが向上した」という表現は正しくないかもしれない。

「上げるギアを残している」という印象だ。

1Qは、スリーに対してガチでシュートコンテストに行っていたが、点差に余裕ができた2Q以降は流していた。

本気の千葉のディフェンスは、上位レベルの可能性がある。

○クックスの手記より~ 

クックスの手記 24/2/7

あのハラという男、やはりおかしい。

スイッチ後に体重100kgを超える外国籍ビッグマンとマッチアップするシチュエーションがあるのだが、全くパワー負けする様子がない。

ハラの身長は187cmのはずだ。どんなに筋肉をつけたとしても90kgまでしか体重を増やすことはできないはずだ。特にジャポネは食が細いと聞く。
なぜパワーで押し返せる?

私は、公式サイトを確認し、とんでもない勘違いをしていたことに気付いた。

ハラの体重は96kgもあったのだ!
なんと、203cmの私よりも体重が重かったのだ!

ハラのパワーの秘密を知ると同時に、ある確信を得ることになった。

ハラはジャポネではない

SUSHIのようにヘルシーな料理しか食べないジャポネがそこまで巨大化することは不可能だ。

・・・

気が重くなる。

まだ、私は決断できずにいる。

何も知らないふりをして家族のためにプレイを続けるべきか、
それともバスケットボールへの誇りのためにルール違反をチームを告発するべきか・・・。

○ステフェンズ&小川のハッスルコンビ◎

フロアダイブの熱さよ。

連続フロアダイブの熱に当てられて体を張ってオフェンスチャージングを取るミスター「ちっ、お前らのバカがうつっちまったぜ」

○千葉ジェッツチャン最近頑張ってるネ✋(^_^)😘

千葉ジェッツチャン最近がんばってるネ(^_^)😘1月の連勝で流れを掴んだのカナ✋😜⁉️私は人生の流れを掴み損ねてます💦チャン🎵💕(笑)😆今度、夜のゲーム行っていいかな💦大丈夫❓その後🏩に行っちゃったりして💛😘ナンチャッテ🎵(^_-)-☆

○まとめ

おじさん構文で失ったフォロワーをおじさん構文で取り戻しに行く漢の中の漢。

タイトルとURLをコピーしました