ツイッターで一部のフォロワー達から高い評価を得ている「大学からBリーグに異世界転生したら救世主扱いされている件について(KJの孫)」をまとめたよ【第1話~第5話】

Bリーグ
スポンサーリンク

○「大学からBリーグに異世界転生したら救世主扱いされている件について(KJの孫)」って何?

詳細は↓のページを参照

現在、Basketball News Timesのツイッター@SKIPY8Yで6話まで公開中。最新話が見たい人はフォローしてね。←超大事

今後、何話ずつまとめるかは決めてない。投稿スピード(寺嶋選手の活躍)によるかな。

○「大学からBリーグに異世界転生したら救世主扱いされている件について(KJの孫)」第1話~第5話

・第1話

筆者コメント

このシリーズを始めた当初は、実は寺嶋選手限定のネタではなかった。特別指定選手達がBリーグで大暴れすることを見越していた慧眼の持ち主ワイ氏は、「大学からBリーグに異世界転生したら救世主扱いされている件について」というシリーズで、各チームのルーキー達にスポットライトを当てようとしてた。

しかし、ワイ氏の予想を超えて

寺嶋選手の活躍が凄すぎて、一人だけで物語(ネタ)が成立してしまったのだ。

そのため、一話目から虎の子の「俺また何かやっちゃいました?」のネタを雑に扱う残念な展開になっている。

賢者の孫の代名詞的セリフをこんな形で消費してしまうとは・・・。方向性が定まっていなかったとはいえ、反省が残る。

・第2話

筆者コメント

これは賢者の孫というより、なろう小説の典型的展開が元ネタ。「無双→周りが必要以上に持ち上げる→女の子からもモテる→主人公『やれやれ』」の黄金パターン。

・第3話

筆者コメント

これは賢者の孫にありがちなパターンをKJの孫に落とし込めたので、個人的に気に入っている。タイトルにを冠してるKJが、賢者様(導師様?)役で出演できていることもポイントが高い。

ちなみに主人公の凄さを演出するために周囲のレベルが著しく下がるのは、なろう小説のトレンド的手法である。

・第4話

筆者コメント

これの元ネタは、賢者の孫じゃないよ。「転生賢者の異世界ライフ」っていう作品だよ。

ワイ氏は、この作品を読んだこと無いんだけど、このセリフは大好き。作品名を今初めて知ったわ。

元ネタ

・第5話

筆者コメント

これも元ネタは賢者の孫ではない・・・かな・・・?前世の知識を使って何かを開発する展開がやりたかった。 主人公の凄さを演出するために周囲のレベルが(以下略)

○まとめ

筆者は、寺嶋選手からクレームが入らないか怯えている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました